紫豆腐的記録

音楽・メイクの話を中心に週1回更新

肌づくりはブラシで

こんばんは。今日はクッションファンデをブラシで塗った紫豆腐です。

 

ブラシを使ってクッションファンデを塗る、という方法は、YouTubeでMAの小田切ヒロさんが紹介していたのですが、確かにパフ使用時よりも薄づきになって良かったです。クッションファンデをブラシで塗るという発想はなかった・・・。斬新。

これなら色の合わないファンデーションも少しは消費しやすくなるかも、とちょっと期待しています。手持ちのクッションファンデ、自分には少しオレンジが強いので、早く使い切りたい。

尚、私は元々パフを使うのが下手なので、ブラシというツールにはいつも助けられています。パフの方が塗るときの摩擦が少ないから、ブラシよりも肌に優しいと聞いたことがありますが、そこは無視しています。

パフって厚塗りになりません?私はそれが嫌なので、お化粧が終わったあと、崩れ防止のために顔を軽く抑えるための用途でしかパフを使っていません。

 

普段するお化粧というのは、”綺麗になるために”するものだと私は考えます。ですので、あまり細かいことは気にせずに、楽しく自分に合った方法を探していけば良いのかなー、と思っています(勿論、肌の状態が悪いときの無理は禁物ですが)。

 

また、普段はパウダーファンデを使うことが多いのですが、そのときも無印良品のチークブラシを使っています。チークブラシ使用の理由は、ファンデーションブラシよりも小回りが利くような気がするからで、深い意味はないです。本当はファンデーション用のものを1本買った方が、綺麗な仕上がりになるんでしょうけど。

ブラシを使う良さは、プレストパウダーの要領で薄くファンデーションを塗れるので、とても楽だし、失敗がないことです。ファンデーションがムラになりにくいんです。

また、下地との摩擦でモロモロが出ることが少ないところも、ブラシ使用ならではだと思います。ストレスなく、肌が均一になります。

 そうすることで、私の好きなセミマット肌(すりガラス肌)が完成します。

 

私が普段セミマット肌を作るときですが、下地はパール入りの黄色かベージュのもので、その上に乗せる粉ものは、マットなパウダーファンデーションか、ベージュのプレストパウダー(手を抜きたいときは固形のベビーパウダー)を使っています。

具体的な商品名を挙げると、下地がセザンヌUVカットベースNの黄色、粉ものは無印良品パウダーファンデーション舞妓はんのBBパウダー01SWEETS SWEETSのマシュマロクリアパクト01の3つを日替わりで使用中。ただし下地は廃盤です。そのため、現行UVウルトラフィットベースEXオレンジベージュを代用するか、乾燥が平気な場合及び夏季はインテグレートエアフィールメーカーレモンカラーに粉もの、M・A・CハイライトSOFT&GENTLEを組み合わせる等の方法を取ることをお勧めします。

最近は今更ながら流行りに乗っかり、この手順の後にKOSEのメイクキープミストEXを使うようになりました。テカらないけど、程よくツヤが残る肌になるので、買って良かったです。

 

偉そうに色々書いてますが、下地に関してはまだ満足のいくものに出会えていないため、より良いものを探している途中です。保湿力と少しのカバー力がありつつ、トーンアップし過ぎない、2000円以下の値段のもの、という条件で気になっているのは、EXCELのラスティングタッチベースのエッセンスモイストです。今使っているものが終わったら買ってみるつもりです。

 

www.cezanne.co.jp

www.shiseido.co.jp

noevirgroup.jp

www.sweets-sweets.com

www.maccosmetics.jp

www.kose.co.jp

 

元々私の肌は、ツヤが強すぎるとテカリに見えてしまう質感のため、どちらかといえばマット寄りが好きです。アイドルのライブ映像や、レッドカーペットを歩く海外セレブを観ると「ツヤ肌綺麗だなー」とも思うのですが、ライトが常に当たるステージだから綺麗に見えるのであって、自然光や蛍光灯の下ならセミマットが丁度良いと感じます。適度に品も保てるような気がするので。

あとは、自分があまり全力で笑わない人間だから、ツヤ肌がいまいち映えないのではないか、と思っています。自分とは対極のイメージがある女性、例えば永野芽郁ちゃんや百田夏菜子さん、森星さんのように、100%の笑顔で常にキラキラしてる印象がある人はツヤ肌の方がしっくりくる印象です。

ただ反対にマットだと、自分の場合今度は老けて見えてしまうので、やっぱりツヤとマットの間が一番ですね。マットな質感も西洋人形みたいで可愛いんですけどね。日本人でマット肌が似合うと思うのは(それ以外も似合うと言わないとファンの方から怒られそう)、上國料萌衣ちゃんとか白石麻衣さん、小松菜奈さん。この3人のように、すました顔が様になる人はマット肌が似合うような気がします。皆さん整っているので、中々真似できないです。

 

個人的主観ですが、坂道グループの中で言うなら落ち着いたお姉さん系の乃木坂46と、ややアンニュイな少女っぽい櫻坂46はマット肌、いつもニコニコで明るい日向坂46はセミマットからツヤ肌のイメージがあります。

(実は坂道の皆さんについては全く詳しくないのです。TVの音楽番組で観たときの第一印象で書いています。全然違うよって思った方がいらっしゃったら、遠慮なくご指摘をお願いします)

反対に、スターダストのアイドルは全体的に、いつもツヤ肌が綺麗なイメージです。

アイドルのメイクを分析したことはありませんが、昨年NHKで放送された『RAGAZZE~少女たちよ!~』という音楽番組の録画と最近のMステを少し見た感じ、こんな傾向かな、と思います。

 

今回も話が脱線して、読みづらい文章になってしまいましたが、伝えたかったのは、

・ファンデーションはブラシで塗る方が綺麗に仕上がるから好き

・普段のセミマット肌の作り方

・マット肌とツヤ肌どちらが似合うかは、しっくりくる顔の表情にも因るのではないか、ということ

・それを女優さんやアイドルに当てはめて考えると、こんな感じ?

大きく分けてこの4つでした。

1エントリーにつき、1テーマと決めて書かないとまとまらないのだろうか。もっと書き方を勉強します。

最後までありがとうございました。